こっこ

反社会組織

本当にメンタルが強い人の考え方を考えた

今日、卒業制作で制作していたブロンズ像になるはずの蝋原型の片足が大破した。 予想外の事故であった。 細木数子の六星占術では大殺界のど真ん中であるし、最近ことごとく悪いことが重なっているため、「これか」「はい、来た」「ほう」としか思わないが、…

「ナイト・オン・ザ・プラネット」5都市同時のタクシードライブ

『ナイト・オン・ザ・プラネット』(Night on Earth)は、1991年に制作された映画。ジム・ジャームッシュ監督のオムニバス映画。ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキを舞台に、タクシードライバーと乗客の人間模様を描く。 ストーリー ロ…

貧困層には健康な生活を選ぶ選択肢もない

私は学生であり、食費にかけられるお金はさほどない為、なんとか安く済ませようと買う物を選んでいたが、安い食材を買うことで失うものについて考えたことはあるだろうか。 なぜ安いのか 牛乳ひとつとっても、100円ほどの価格差がある。 ブランド力により大…

「(株)貧困大国アメリカ」資本主義社会で生きる私たちの末路

工場式農場はシステマティックで無駄のない、利益拡大方式だ。 牛たちは牧場でタンポポを食べる代わりに、生後半年で何千頭という他の牛と共に移動させられ、コンクリートで囲った柵の中に、身体の向きも変えられない状態で詰め込まれる。 豚が押し込められ…

カットモデルで美容院代を無料にするメリット・デメリット

私はよくカットモデルとして無料で美容院へ行く。 サイトはカッツや、Minimoを利用しているが、もちろん無料であることのリスクや失敗もたくさん経験した。 今日もカットモデルを利用して無料で縮毛矯正をしてきたので、カットモデルを利用することのメリッ…

「EL」ルイス・ブニュエル 1秒の無駄もない素晴らしい映画

メキシコ時代のブニュエル作品としては、後期の作品に共通するテーマを最も持った危険な映画。 敬虔なカトリック信者で品行方正、四十過ぎても未だ童貞というフランシスコ(デ・コルドヴァ)は教会で会った美しい脚の持ち主グロリアにひと目惚れし、婚約者の…

死にたい理由を考えてみた

24歳になれば、自分は不幸だとか、誰も理解してくれないとか、そういう若い考えはないが、冷静にただ疲れというだけで死にたい気持ちになってしまう時もある。 色々な事が見えてきて、夢も希望もないけど、自分が特別不幸だとも思わないし、まあ恵まれている…

人にどう思われるのか考えるのを辞めるだけで人生が楽しくなる

人間には人にどう思われるのかを考える人と、考えない人がいる。 今日は人にどう思われるのかを考えないで生きることのメリットを紹介する。 ストレスが激減 ストレスとは矛盾である。 「こうしたい」と「こうすべき」という自己と現実の矛盾がある時にスト…

日常が退屈な人が好奇心を取り戻す方法

大人になると毎日が単調で退屈になりますよね。 どうせ〜だろう。という仮説が先に出てきてしまい、それ以上考えることも行動することも面倒くさくなりがち。 そんな退屈を打破したいと思い、最近日常を楽しくする方法を考えていました。 面白いことないかな…

怒られた時の対処法と落ち込まない方法

上司、先輩、先生、、 社会に出れば多くの人間に怒られる機会がある。 そんな時、落ち込んだり、自分をダメだと思ってしまってはもったいない。 今日は怒られた時の受け止め方を紹介する。 怒っている人の価値観を考える なぜその人は怒っているのか。 考え…

「恋の手ほどき」お芝居を観に来たような気分を味わえるエレガントなミュージカル映画

『恋の手ほどき』(英語: Gigi)は、1958年のアメリカ映画である。シドニー=ガブリエル・コレットの小説『ジジ』のミュージカルを映画化。『ブリガドーン』『マイ・フェア・レディ』のコンビフレデリック・ロウが作曲、アラン・ジェイ・ラーナーが作詞して…

LINEに疲れた?LINEを辞めた感想〜メリット・デメリット〜

LINEはいつからこんなに私たちの生活に入り込み、拡大し、拘束するようにまでなったのか。 余りに多くのストレスが溜まった為、LINEを辞めたので感想を述べる。 リアルタイムであるという迷惑 そもそもなぜこんなにSNSが疲れるのかと言うとリアルタイムだか…

人生に絶望して不安と恐怖に押しつぶされそうな人がやるべきこと

人生は不安や恐怖で満ちています。 資本主義による格差が広がっていく中でそんな絶望は日に日に私たちに襲いかかってきます。 そんな時に不安に打ち勝つためには冷静な思考と行動が必要になってきます。 弱肉強食の世界で生き残るために先ずすべきことを紹介…

「アメリ」可愛い部屋とイタズラに笑って泣ける現実逃避にオススメの映画

『アメリ』(原題: Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain, 「アメリ・プーランの素晴らしい運命」の意)は、2001年4月に公開されたフランス映画。 ストーリー 空想好きの小さな女の子アメリは、そのまま大人になってモンマルトルのカフェで働いている。彼女…

「トリコロール/赤の愛」キェシロフキの代表作

『トリコロール/赤の愛』 (Trois Couleurs: Rouge) は、1994年製作の映画。クシシュトフ・キェシロフスキ監督による「トリコロール」3部作の3作目。 ストーリー ジュネーヴに住む大学生・ヴァランティーヌは学業の傍ら、ファッションモデルをして暮らしてい…