こっこ

こっこ?その辺で生きてるんじゃない~~?ドブネズミみたいにしてさ。

初心者におすすめ~人気のオペラ演目ベスト4~

f:id:kama5429:20170314025319j:image

「こうもり」

ヨハン・シュトラウス2世が1874年に作曲し、同年4月5日にアン・デア・ウィーン劇場で初演された全3幕のオペレッタである。

あらすじ

  公務員を侮辱した罪で刑務所に入れられる予定のアイゼンシュタインは、友人のファルケ博士の誘いで、妻には内緒でオルロフスキー公爵の夜会に出掛ける。一方、彼の妻ロザリンデは、元恋人アルフレードに再び言い寄られる。ところが、そこへ刑務所長が現れ、アイゼンシュタインとまちがえてアルフレードを連行してしまう。
 オルロフスキー公爵の夜会では、アイゼンシュタインは仮面をつけ、ルナール侯爵を名乗る。同時に、彼の妻ロザリンデも仮面をつけ、ハンガリーの貴婦人として登場する。彼女に魅了され、アイゼンシュタインは妻と知らずに彼女を口説いてしまう。ロザリンデは、密会の証拠としてアイゼンシュタインの時計を取り上げる。
 翌日、刑務所に出頭したアイゼンシュタインは、自分の代わりに別人が捕らえられているのに驚く。そこへロザリンデが現れたため、彼女の浮気がばれる。しかし、ロザリンデは、昨夜ルナール侯爵に変装したアイゼンシュタインから取り上げた時計を出して、夫を問い詰める。
 最後は、ファルケ博士とオルロフスキー公爵があらわれ、すべてはファルケ博士が仕組んだ芝居と判明。「すべてはシャンパンのせい」と丸く収まる。

これはまさに喜劇。

最初から最後まで全く飽きることなく観れます。

そしてなにより音楽が素晴らしい。

聴いていると楽しくなります。

お笑い要素が多く、人間の滑稽さを喜劇として表現していると思います。

可笑しいのに、なんだか切なさを感じる、でも観ていて楽しい。

大好きな演目です。


喜歌劇 こうもり 「シャンパンの歌」 マリーナ・ドマシェンコ、マーリス・ペーターゼン

 

魔笛

ヴォルフガング・アマデウスモーツァルトが1791年に作曲したジングシュピールモーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラである。台本は興行主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダーが自分の一座のために書いた。現在もモーツァルトのオペラの中で筆頭の人気を持つ。

あらすじ 

世界は昼と夜の二つに分かれている。「昼の世界の王」は「夜の世界の女王」と結婚し、 パミーナという娘をもうけた。昼の王は死の直前、ザラストロに昼の世界の支配権を譲り、 娘パミーナを養育するように頼んだ。夜の女王はこれに対して怒り狂い、パミーナを取り 返し、昼の世界の支配権をザラストロから奪取しようとしている。大蛇に襲われた王子タ ミーノは、夜の女王に仕える三人の侍女に助けられる。夜の女王は、ザラストロに娘パミ ーナを奪われたと嘆き、タミーノに娘の救出を頼む。パミーナの絵姿を見て一目惚れした タミーノは、ザラストロの神殿に赴く。夜の女王に鳥を届けに来たパパゲーノもしぶしぶ ザラストロの神殿へ同行することになる。ザラストロの神殿までやって来た二人は、パミ ーナに会うことはできたが、ザラストロの部下たちに見つかってしまう。しかし、ここで タミーノはザラストロに信服し、パパゲーノと共にザラストロの神殿で修行することにな る。ザラストロはパミーナにタミーノを愛することを認めるが、その愛を成就させるため には数々の試練が必要だという。沈黙の試練に耐えたタミーノはパミーナに会うことを許 され、二人で火と水の試練の旅に出る。

モーツアルト晩年の最高傑作と言われる魔笛ですが、結構内容が不思議で、深いです。

単純なように見えてよく考えると色々哲学的に分析できてしまう楽しさがあります。

でも音楽はとても聴きやすく、舞台装置もファンタジーな感じがして面白いです。

私はフランシスコ・アライサが大好きで、彼の歌う魔笛YouTubeでも観れるのでぜひ観てみてください。 


なんと美しい絵姿 (魔笛) - フランシスコ・アライサ

 

トゥーランドット

フランソワ・ペティ・ド・ラ・クロワが1710年〜1712年に出版した『千一日物語』の中の「カラフ王子と中国の王女の物語」に登場する姫の名前であり、また、その物語を基にヴェネツィアの劇作家カルロ・ゴッツィが1762年に著した戯曲、および、それらに基づいて作曲された音楽作品である。 

あらすじ

「美しいトゥーランドット姫に求婚する男は3つの謎を解かねばならない。謎を解かなければ、処刑される。」ダッタン国のカラフ王子は、謎を解けなかった男の処刑の場に現れた姫に一目で恋におち、周囲の反対を押し切り自らが新たな求婚者になることを宣言する。カラフは姫の出す謎を解いてみせるが、姫はなおも結婚を拒む。それを見たカラフは逆にたった一つの謎を出す。「明日の夜までに私の名を知ることができたなら、私は潔く死のう。」命を賭した謎解きの果てにあるものとはー。

トゥーランドットは北京が舞台となっており、音楽もどことなく中華風で良いです。

特にトゥーランドット姫が登場する時の壮大な音楽がホントに好きで、中国四千年の歴史をイメージさせてくれます。

最後のクライマックスはあの荒川静香さんが踊ったイナバウアーの音楽が流れます。

最後は愛が勝つというKANさん的な終わりで、とてもスッキリします。


TURANDOT "aria di Liu" Mina Kikuchi

 

チェネレントラ

ジョアキーノ・ロッシーニが作曲したイタリア語オペラ。童話の『シンデレラ』を元にした物語で、台本はヤコボ・フェレッティによる。1817年1月25日にローマで初演された。

 

あらすじ

 18世紀のイタリアの田舎町。ドン・マニフィコ男爵家の三女アンジェリーナは亡き男爵夫人の連れ子で血の繋がらない父親と二人の異母姉に「灰かぶり娘(シンデレラ)」と呼ばれ、召使同様にこき使われています。そんなしうちにもかかわらず、心優しい娘に育ったアンジェリーナは家にやってきたみすぼらしい乞食にも親切に食べ物を分け与えます。

 ところが実はこの乞食こそがサレルノ国の王子さまの家庭教師のアリドーロで、王子の花嫁を探すため乞食に身をやつして世情を探っているのでした。アンジェリーナの優しさに感激したアリドーロは王子に報告し、従者に変装した王子はアンジェリーナと恋におちます。

 王子の花嫁探しの舞踏会に男爵家も招待されますが、アンジェリーナだけは家で留守番をいいつけられます。舞踏会では姉二人が王子の心を射止めようと必死に奪い合いになりますが、実はその王子は偽者で従者のダンディーニが変装しているのでした。アリドーロは、馬車とドレスを準備してアンジェリーナを舞踏会に連れていきます。そこで偽の王子が、腕輪を渡して彼女に求婚しますが、「私は本当は貧しい娘で、私が愛しているのはあなたの従者です。」と言って去ってゆきます。

 王子が本来の姿に戻って、貧しい身なりでいるアンジェリーナを探し当てて、腕輪を見せ結婚を申し込み、心優しいアンジェリーナは父と姉も許して宮殿に迎えられます。 

これはフランシスコ・アライサのものしか観たことがないのですが、オペラを映画風にしたようなもので、とても観やすく、そしてなによりフランシスコ・アライサのイケメンぶりが発揮されすぎている胸キュンものです。


フレデリカ・フォン・シュターデ 「チェネレントラ」 素晴らしい彼女の瞳の輝き