こっこ

反社会組織

「夜」ミケランジェロ・アントニオーニ 愛の不毛

 

f:id:kama5429:20170614215844j:image

愛の不毛をテーマに、愛の冷めた夫婦を描いた物語。

 

最後のシーンで、まだラブラブだった頃の手紙を読み上げてそれを書いた本人が「誰からの手紙か?」と聞くシーンはこの映画を凝縮した瞬間に感じました。

 

けれど私には彼らがそんなにうまくいってない夫婦には感じませんでした。

夫婦とはそういうものだろうぐらいに思うし、結婚何十年経っても熱々な夫婦にはどこか不健全なイヤラシサを感じます。

 

関係性は常に変化していくもので、それは朝に日が昇って夜に沈むことと同じくらいに自然で、美しいことだと私は思います。

 

この映画は憂鬱そうな雰囲気の中に、さしてセンチメンタルな感じを受けませんでした。

見終わった後はなんだかスッキリしたし、それでいいんじゃないか?と思えました。

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村