こっこ

反社会組織

人を見る目を持つために高い授業料を払う価値はある

f:id:kama5429:20171022225947j:image

国も企業も信用できない現代で最も重要な能力は何だろうか。

答えは、資格でもなく、愛嬌でもなく、皆んなで仲良くする能力でもない、人を見る目だ。

出会って5秒でその人の本質を見抜く目が必要になってくる。

それは学校ではもちろん、親も誰も教えてくれない。

だから自分で身につける必要がある。

 

女なら髪を切ってみろ

私はことごとくダメ男と付き合ってきた。

男のダメなところや、弱いところ、必要とされることに弱いからだ。

ところがダメ男と付き合っても自分がボロボロになって捨てられるだけだった。

それでも髪が長く、化粧をして女の子として見られれば口説いてくる男は山ほどいたし、愛の言葉を囁かれれば何が真実なのか見えなくなった。

そこで一度髪をバッサリ切って男みたいな見た目になった。

女としての魅力を削ぎ落としたのだ。

そうしたら言い寄ってくる男、優しくしてくれた男、友達だと思っていた男はみんな態度が変わった。

関わっても利益がないからだ。

それでも変わらない人は一人か二人ぐらいだった。

その時に女として利用価値があるから優しくしてくるだけなのだと気づいた。

つまり今はチヤホヤされていても若さと身体を搾取されてババアになったら捨てられるということだ。

髪を切ってみればその相手が自分に求めているものが分かる。

それどころか、男が言い寄ってくる時、そこに欲望しかないのかどうか見抜けるようになるのだ。

女であることは時に有利になるが、それは若い時限定だ。

その真実をババアになってから気づくのではなく、先に気づくことのメリットは計り知れない。

 

ポケモンのように図鑑を作れ

ある程度生きていると人をタイプ別に見極められるようになってくる。

それでも時に分からない人が出てくる。

私はその時、警戒して近づかないより、むしろ本性を暴き出してきた。

多少痛手を負っても今図鑑を完成させた方が後々楽だし、若いうちには何とかなる。

とにかく良い人のようにも見えるし、悪意があるようにも見える時はこちらから理想の振る舞いをするべきだ。

こちらが先に近づかなければ本質には触れられないからだ。

たまに、散々疑った挙句良い人だった時もある。

とにかく授業料だと割り切ることだ。

そして本質を見極め、本性を暴いたら見切りをつけること。

恩を仇で返すような人間は一度良い顔をすれば必ず何度でも言い寄ってくる。

そこで情に流されず自分の判断に従ってスッパリと見切りをつけることが大切。

 

信用できる人はとことん大切に

今まで生きてきて思ったことは、信用できる人なんて家族以外では殆どいないことだ。

だからこそ数少ない信用の置ける人が出来たら大切にしよう。

そういう人間関係は人生の財産だ。

つまり自分が認めた人を信じて大切にすることは自分の判断を信じて大切にすることに他ならない。

自分を頼り、信じ、守ることがこれからの時代ではとても大切になる。