こっこ

反社会組織

悔しさと怒りをエネルギーに替えて前に進む方法

f:id:kama5429:20171026125650j:image

悔しさと涙はなるべくなら味わいたくないですよね。

だけどこれがとても有り難いものなのです。

なぜならエネルギーは無からは生まれないからです。

悔しい思いや悲しい思いをした人が強いのはそれをエネルギーに替えることが出来るからです。

 

タダで起き上がるな、馬鹿にされたら絶対に見返せ

私は昔から環境の変化が多く、習い事の教室も3回変わり、大学の学科も変わり、いつも知らない人ばかりの世界に放り出されてきました。

そして必ず最初はみんな馬鹿にしてきました。

舐められ、見下され、馬鹿にされ、悔し涙を流しながら見返すまでは絶対にその味を忘れませんでした。

ある意味恐ろしく執念深い性格なのですが、いつもそうやって這い上がってきました。

誰が自分を馬鹿にして、どんな態度を取ったのか、全部覚えています。

そしてそいつらを見返し、ある日態度を変えて媚びてくるようになるまで絶対に忘れることが出来ないのです。

努力を続けていれば必ず成果は上がり、周りの態度が変わってきます。

最初は馬鹿にして無視してきたやつがニコニコと近づいてきます。

私はここに到達するまで絶対に辞めません。

なぜならそいつらを見返すことで味わった屈辱を払拭できるからです。

セルフイメージはとても大切です。

馬鹿にされたままその状態を容認することは自分は馬鹿にされるというセルフイメージを認めることになります。

だから馬鹿にしてきたやつらに真実を分からせるまで諦めてはいけないのです。

 

媚びることに慣れるな

人は常に自分の能力と周りの人を見比べ、自分より下に見ると見下してきます。

そして媚びることを強要してくるのです。

マウンティングと言いますよね。

本当なら人間関係は対等に互いに敬意を持つべきですが、なかなかそんな理想とは程遠い世の中です。

大抵の場合見下したやつが自分に媚びてこなければ馬鹿にし、攻撃してきます。

それでも、媚びるということはするべきではないです。

例えどんなに相手が上の立場でも、大人数でも。

尊敬と媚びは違います。

本来媚びることは失礼なことなのです。

媚びるという行為が一度染み付くとなかなか取れません。

無意識のうちに媚びているような人が沢山いますが、媚びている表情は分かります。

媚を売るのは嫌らしい根性です。

媚なんか売らず、媚を売られても買わないことです。

 

孤高の一匹狼であれ

媚びなければ、不利なことも多いです。

一人で何でもやるのは大変ですし、敵を作ることにもなるからです。

でも悔しさ、悲しさ、孤独、怒りという感情はエネルギーに替えることが出来ます。

一人でも前に進む強さを持ち、困っている人がいたら助けましょう。

そんな生き方をしていれば必ず雰囲気となって伝わります。

そして単純にカッコイイです。

 

矢沢永吉に習い、反骨精神と野心を持て

最初、サンザンな目にあう。

二度目、オトシマエをつける。

三度目、余裕。

こういうふうにビッグになっていくしかない。

それには、サンザンな目にあった時、

落ちこんじゃだめだ。

でもさ、人間は、

ある程度キツイ目にあわなきゃいかんのよ。

萎縮しちゃうやつもいるけど、

バイタリティになる。

なにくそ、冗談じゃない。

そう思えるだけ、

オレは幸せだったかもしれないね。

成りあがり。

大好きだね、この言葉。

素晴らしいじゃないか。

こんな、何もかもが

確立されきったような世の中で、

成りあがりなんて・・・

せめて、やってみろって言いたいよ。

グレるってこと、

どういうことか知ってる?

うん、はぐれるってことなんだ。

群れから離れる。

はぐれる淋しさ。

のけもの。

先に道がないんだ。

ところが、

いまの確立した社会では、

その社会の動きを邪魔する行為をグレるっていう。

ほんとは達うんだ、

はぐれるなんだよ。

お前がどんだけ良い大学入って、どんだけ良い会社に就職しても お前が、一生かかって稼ぐ額は 矢沢の2秒

by矢沢