こっこ

反社会組織

考えが甘くて世間知らずな自分を恥ずかしく思い反省している今日この頃

f:id:kama5429:20171103153317j:image

最近ブログを始めて10ヶ月ほど経った。

フォロワーも少しだけど増えてきていて嬉しい限りだ。

だけどブログを始めて自分自身を客観視することが増えて考えの甘さと浅はかさを恥ずかしいと思うようになった。

ブログは人に情報を届けることで収入を得る。

何も知らないくせにまるで何もかも知っているような口を叩いて断言している自分の記事を見て虚しさを覚えた。

貧困とか言って苦学生ぶっているけどこの日本という国に生まれただけで貧困なんて言える身分じゃない。

もうあり得ないぐらい恵まれていて、豊かなんだ。

明日の食べ物がないとか言ってもMacは持っているし手放す気がない。

家賃だって7万ぐらいのところに住んでいる。

奨学金という名の借金を背負わされたような被害者ぶっているけど、何もかも知っていて自分で決めたことだろう。

なんて甘くナメくさった考えなんだろう。

働きたくないし、働く意味がわからないとか言っても、仕事なんていくらでもあるし、ただ疲れるから働きたくないだけだ。

それなのにこんな仕事するなら死にたいとかすぐ言う。

自分は死を知らない。

問題は、貧困や、働きたくないことや、奨学金の借金や、そんなことではなくて、本当の問題は、こんなに豊かで恵まれている環境に生まれて、夢も希望もないことだ。

夢も希望もないから少しの苦痛に耐えられない。

どんどん筋肉がなくなって歩けなくなるみたいに、弱くなっていくのがわかる。

そしてそんな弱さを恥じてがむしゃらに働こうとすれば精神が壊れて鬱になる。

そこに本当の、全くどうすればいいのかわからない問題があると思う。

この閉塞感。

窒息死しそうな息苦しさ。

それはとても綺麗で、礼儀正しい人の多い、とても豊かな国の話だ。

どうしてなのだ。

私はそれが知りたくて、足掻いている。

無知で甘ったれでひ弱な根性の自分だけど、生き方が見つかるまでこのブログを続けていきたいと思った。

どうか優しく見守っていただけたら幸いです。