こっこ

反社会組織

ミニマリストのお財布|小銭入れとお札入れを分けるメリット

f:id:kama5429:20171104005134j:image

私は何事においても「何でこれはこうなのか?」という疑問を持ってしまう。

社会ではひねくれ者と言われ、変わり者と煙たがられる。

それでも気になるのだ。

少し前に理想の財布のあり方が気になりすぎて寝ても覚めてもググり続けた。

財布を持たない生活をしてみて、不便を感じ、マネークリップを使い、それでもしっくりこなかった。

まだまだ理想の財布のあり方を探している途中ではあるが、今のところ、札入れと小銭入れを両方持つスタイルに落ち着いた。

 

財布がないとなぜ不便なのか

これは単純に入れる場所がないから不便だった。

札は雨に濡れ、バラバラになり、小銭がジャラジャと音を鳴らし、ポケットがない服の日は絶望的な気分になった。

そこで私はマネークリップを買った。

 

マネークリップはどうなのか

マネークリップはなるほどカッコいい。

ミニマリスト感もある。

だが、これは財布がなくてバラバラになった札をまとめることが出来るようになっただけだった。

雨に濡れ、落としたりしていないか不安になった。

そして金に対する敬意が足りないような気がして罪悪感が生まれ始めた。

お札だって、家が欲しいだろうに。

落ち着かなく、ソワソワしている様子に耐えられなくなり札入れを購入した。

 

なぜ分けるのか

よく小銭入れを分けろと書いてある。

何で分けるのだ、と思い実際に分けてみた。

なるほど財布は小銭で膨らまなくなったし、札を出すのが面倒でなるべく小銭で済ませる買い物しかしたくなくなった。

小銭入れは常に取り出しやすい場所に入れ、擦られてもダメージがないという安心感も生まれた。

日常の金銭感覚を小学生の頃に戻すような感覚で100円の価値を問い直す日々。

バイトの時給と、自分の人生の価値を天秤にかけたりして過ごした。

 

クレジットカードを使うことのメリットデメリット

メリットはまあカードのみで生活できるし、ポイントが貯まるし、色々あるだろう。

だけど学生の身分ではなかなかクレジットカードは所有できない。

私はネットでの買い物や引き落としは全てデビットカードで済ませている。

その他の生活費は全て現金だ。

現金を使うことのメリットは、実在として金の感覚を感じられることだ。

100円より500円玉の方が重い。

多くなれば重くなる。

たくさん買えば、たくさん渡さなければならない。

物々交換の感覚が体に刻み込まれる。

時間を金に換え、それで物を得る。

その物の価値を物量として、感じ、考えることが出来る。

若いうちは尚更、この当たり前の行為を注意深く考察してみることは無駄ではないだろう。

 

結論

結論としては、学生でクレジットカードがなく、お金についてまだ学んでいる途中段階の人は現金を使うべきだと思う。

そして札入れと小銭入れを分けることは、節約の面から言えば大正解だ。

財布は金を所有し、使うためにあるが、だからといって使いやすいと金も使いやすい。

使うことに手間がかかれば少し躊躇し、考える時間が生まれる。

確固とした意思のもとで金を使うようになるまでのトレーニングとして札入れと小銭入れを分けることは有益だった。