こっこ

反社会組織

「ふたりのベロニカ」運命や人生ってこういうことだよな

f:id:kama5429:20171105015814j:image

ふたりのベロニカ

1991年のフランス・ポーランド合作映画。クシシュトフ・キェシロフスキ監督、イレーヌ・ジャコブ主演。

 

ストーリー

同じ名前、容姿、才能を持ち、ふたつの別々の国に生まれた「ふたりのベロニカ」の数奇な運命の物語。

ポーランドのベロニカは、指のケガでピアニストの道を断念した後、アマチュア合唱団で歌っている。彼女の神々しきソプラノは有力な指揮者にも認められ、音楽堂の檜舞台に立つチャンスを得る。だが、彼女の繊細な心臓はその高音域に耐えられず―。

そして、フランスのベロニカは小学校の音楽教師をしている。ある日、小学校に巡業に来た人形劇の悲しい物語に心奪われ、顔も見せない人形使いに惹かれていく。それからというものの、彼女のもとには謎めいた贈り物が次々と届く。そのうちのひとつであるカセットテープのアナウンスに従って、サン=ラザール駅の喫茶店へと向かうと、そこにはテープの送り主である、絵本作家のアレクサンドルがいた。彼こそが、ベロニカが心奪われた人形使いでもあったのだが―。

 f:id:kama5429:20171106012117j:image

 

人生ってこういうことだよな

ああ、分かるって思いました。

人と人が出会うことや、生きることや、運命や、人生ってこういうことだよなっていうのを一本の映画にまとめたって感じです。

とても言葉にできないような感覚が、映画だからこそ表現できていて、うむ、と頷きながら観ていました。

そしてそういう出会いって、本当にあるし、分かるんですよね。

自分はこの人と会うべくして会えた。

やっと会えた。どこで何してたの?って。

君の名は的な感覚です。

 

キェシロフスキはヤバい

最近貪るようにキェシロフスキ映画を観て、「デカローグ」も全部観ました(笑)

あの映像はヤバい。

ボキャ貧すぎて言葉に出来ないから映画の感想書くの苦手だけど、とにかく観て!って感じです。

何度も観たい映画ですね。