こっこ

反社会組織

日常が退屈な人が好奇心を取り戻す方法

f:id:kama5429:20171130231113j:image

大人になると毎日が単調で退屈になりますよね。

どうせ〜だろう。という仮説が先に出てきてしまい、それ以上考えることも行動することも面倒くさくなりがち。

そんな退屈を打破したいと思い、最近日常を楽しくする方法を考えていました。

 

面白いことないかなあと常に探す

まずは探す気持ちが大切です。

子供の頃は朝起きたら今日は何があるのかワクワクしましたよね。

可能性を探ることは想像力を働かせることです。

いかに色んな面白い可能性を想像することが出来るかで視点や考え方が変わってきます。

同じものを見て、違うことを考え付くから面白味は生まれます。

 

どんなに退屈なことにも面白いことを見出せ

私は今大学四年生ですが、英語の単位がヤバく、慌てて履修登録したものですから、ヘミングウェイの英文を予習して、みんなの前で読み上げるという授業を取ってしまいました。

どんなに退屈でも単位が必要なのでモチベーションを保つためにあらゆる面白いことを考えました。

その中で最も面白かったのが発音をウザくするという遊びです。

Theを”ザ”ではなく、”ジ”とか発音する奴ってなんかムカムカするなあと思ってその発音をわざとみんなの前で読み上げるという遊びをモチベーションに授業に出ています。

今はその授業が楽しみです。

 

常に新感覚なものを探す

音楽でも何でも、好きなものは何度も反復して摂取するタイプですが、それでも初めて聴く音楽は楽しいと感じます。

次の音がどうなるか予想がつかないから脳が勝手にその変化を楽しんでいるという感じがします。

無意識の領域でもきっと初めてのものを処理するのは時間がかかると思うので何らかの刺激になると思われます。

 

裏技、裏側を考える

ゲームでも社会でも裏面や裏技というものが存在しますよね。

それは公式ではないから自分で探し出すか、知っている人に教えてもらうしかありません。

だけど裏っていうのはなんだかワクワクします。

自分だけが知っている、みんなは知らない、本当はイケナイ、非公式の、、

そんな裏側に何かがあるんじゃないかと思って過ごすことも退屈を打破する方法です。

 

初めて見るものや、珍しいものは観察

私は、知らない人や珍しいものを発見すると、もう気になってウズウズしてしまいます。

今日も大学で留学生を見かけてつい話しかけてしまいました。

どこから来たのか、何で来たのか、何をしているのか、どんな価値観を所有しているのか、

珍しいものはとにかく観察、質問、分析してみましょう。

面白い発見があるかもしれません。

 

持ち物にロマンを

持ち物って、子供の頃はリュックの中に使えそうな物を詰め込みましたよね。

本当に意味わからんロープとかコンパスとかスーパーボウルとか。

けどそれを使う時が来るかもしれないと想像している時にすごくワクワクしました。

大人になるとそうはいかないまでも、持ち物にもこだわってみると楽しみが増えます。

例えばタバコの銘柄を変えてみたり、ライターをマッチにしてみたり、吸い方を映画で観たあの人みたいにしてみたり。

毎日のテーマを決めて動作や服装を変えると新鮮な気持ちになれます。

毎日映画の主人公になって1日を映画だと思ってみるのもよくやります。

 

映画を観る

もう色んな映画を観ると勝手に脳が情報を処理していて、ある時突然フラッシュバックしたり、似ている場面に遭遇したり、部屋や服装を取り入れたり、人格を真似してみたり、と、色々な遊びが出来ます。

とにかく沢山観ることによって無意識に多くの視点を得ていることがあるのでおススメです。

自分の生きてきたたった数十年では得ることの出来ない感覚を養うことが出来るので映画を観ないともったいないとさえ思います。

 

 

勉強を始める

人は何か目標を立て、そこに到達するまでのプロセスに楽しみを感じます。

それは主に達成感や知的好奇心を満たした時です。

株、語学、歴史、文学、何でも興味が出たものから勉強してみると新たな何かを発見できるかもしれません。

資格もそうですが、何かを得ることは基本的に快感ですよね。

1は2にしたいし、2は3にしたいのが人間の性です。

 

秘密を作る

日常生活で会う人たちと、非日常の人たちを作ってみるのもオススメです。

つまり学校や職場以外に居場所や人間関係作るということです。

そしてそれを織り交ぜるとより楽しいです。

学校で、周りの人は誰も知らない人と電話やメールをする。

海外の人と付き合っていた時はそれが本当に楽しかったです。

違う言語、文化、みんなの知らない、秘密の関係、そんなものに人間は好奇心を掻き立てられます。

人間関係でなくても、秘密というものは何だかワクワクしますよね。

秘密の貯金をしたり、今日Tバックを履いてることは誰も知らないのかあ、と考えたりすることに楽しみを見出していました。

 

予測不可能なものは楽しい

オークションを始め、予測がつかないものは楽しいです。

ギャンブルの面白みもそこにあると思いますが、とにかく予測不能な何かを計画して実行していくことで日常にワクワクが蘇ります。

分からないもの、知らないもの、秘密のもの、裏側、そんなものを沢山見つけてみましょう。