こっこ

反社会組織

「ナイト・オン・ザ・プラネット」5都市同時のタクシードライブ

f:id:kama5429:20171210221601j:image

 『ナイト・オン・ザ・プラネット』(Night on Earth)は、1991年に制作された映画。ジム・ジャームッシュ監督のオムニバス映画。ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキを舞台に、タクシードライバーと乗客の人間模様を描く。

 

ストーリー

ロサンゼルス
若い女性タクシー運転手コーキーは、空港で出会ったビバリーヒルズへ行こうとしている中年女性ヴィクトリアを乗せる。時折、車内で電話で話すヴィクトリアは実は映画のキャスティング・ディレクターで、新作に出演する女優を探し出すのに手を焼いていた。口は汚いがチャーミングなコーキーに可能性を感じたヴィクトリアはある提案をするが…。

 

ニューヨーク
寒い街角で、黒人の男ヨーヨーはブルックリンへ帰るためタクシーを拾おうとするが、なかなか捕まらない。ようやく捕まえたタクシーを運転していたのは、東ドイツからやってきたばかりのヘルムート。しかし彼は英語がうまく話せず、その上オートマ車の運転もろくにできない。降りようにも降りられないヨーヨーは、自分でタクシーを運転するのだったが…。

 

パリ
大使に会いに行くという黒人の乗客二人の態度に腹を立てたコートジボワール移民のタクシー運転手は、我慢ならず途中下車させてしまう。そこに乗ってきたのは若い盲目の女。気が強く態度の大きい女が始めは気に食わなかった運転手だが、感覚の鋭い彼女は目が見える自分以上に、物事の本質がちゃんと見えているようだ。運転手は女に、何とも言い難い強い印象を受ける…。

 

ローマ
一人で無線相手にうるさく話しかけるタクシー運転手ジーノは神父を乗せる。そして、せっかく神父を乗せたのだからと勝手に懺悔し始めるジーノだが、その内容はくだらないハレンチな艶笑話ばかり。神父は心臓が悪く薬を飲もうとするが、ジーノの乱暴な運転のせいで薬を落としてしまう。仕方なく神父は、我慢してジーノの懺悔を聞き続けるが…。

 

ヘルシンキ
凍りついた街で無線連絡を受けたタクシー運転手ミカ。待っていたのは酔っ払って動かない三人の労働者風の男。その中の一人アキは酔い潰れていて車に乗ってからも眠っているが、残る二人はミカに、今日がアキにとってどれほど不幸な一日かを高らかに語り始める。しかし、ミカは動じない。なぜならミカは今、アキとは比べ物にならないほどに不幸なのだから…。

 f:id:kama5429:20171210222743j:image

キェシロフスキーをチープでコミカルにした感じ

けっこう面白かった。

ユーモアとセンスを感じる映画だ。

タクシーの中での人物構成がいつも対比している。

お互いに見失ったものや、持っていないものがあり、より強調される。

同時に街を走り続ける映像は時間と場所を流し続け、音楽も流れ続ける。

軽快でコミカルな映画だ。

休日の夜に観るにはちょうどいい。

 

ロサンゼルスの主人公が可愛い

一話目の、ロサンゼルスのタクシードライバーの女の子がめちゃ可愛い。

デビュー当時のアヴリルを思い出させる風貌だ。

タバコを吸うシーンも多く、タバコを吸いながら観たくなる映画だ。

f:id:kama5429:20171210222727j:image